« LinuxMint16をインストールしてみたが今一動きがおかしい | トップページ | ubuntu12.4ServerにSoftetherClientを構築してみた »

2013年12月19日 (木)

Linuxでファイルを圧縮・展開するには

linuxではよく圧縮したファイルをダウンロードしたけど解凍の仕方がよく理解できないので手順をネット記事参照しながら確認します。
ファイルを圧縮・展開する(拡張子.gz、.tar.gz)
$ gunzip gzip_file.gz
$ gzip target-file
$ tar zxvf package.tar.gz
$ tar czvf package.tar.gz package-dir
gz方式はLinuxでよく使われるファイル圧縮・展開方式である。圧縮ファイルには「.gz」という拡張子が付く。
展開には「gunzip」または「gzip -d」を用いる。
$ gunzip gzip_file.gz
     または
$ gzip -d gzip_file.gz
元の圧縮ファイルは削除され、展開したファイルだけが残る。圧縮ファイルも残したい場合は、
$ gunzip -c gzip_file.gz > gzip_file
     または
$ gzip -dc gzip_file.gz > gzip_file
と入力する。
gzipでは、複数のファイルを圧縮して1つのファイルにまとめることはできない。ディレクトリごと圧縮して1ファイルにまとめたい場合は、tar でパッケージした後、gzipで圧縮する。その場合、拡張子は「.tar.gz」になる。tar.gzはLinuxのソース・パッケージに使われることが多い。
tar.gzファイルの展開は、
$ tar xzvf package.tar.gz
とする。この場合は、展開後も元のパッケージ・ファイルが残る。
逆にパッケージを作成したい場合は、
$ tar czvf package.tar.gz package-dir
とする。

« LinuxMint16をインストールしてみたが今一動きがおかしい | トップページ | ubuntu12.4ServerにSoftetherClientを構築してみた »

LinuxMint関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49350/58780375

この記事へのトラックバック一覧です: Linuxでファイルを圧縮・展開するには:

« LinuxMint16をインストールしてみたが今一動きがおかしい | トップページ | ubuntu12.4ServerにSoftetherClientを構築してみた »