« Linuxでファイルを圧縮・展開するには | トップページ | Mintの画面をリモートで操作する為にVNCを入れてみる »

2013年12月19日 (木)

ubuntu12.4ServerにSoftetherClientを構築してみた

今回はUbuntu12.4ServerにClientを構築してみたので手順を書きます。
まず、SoftetherのサイトからLinux用のClientパッケージをダウンロードします。
http://www.softether-download.com/ja.aspx?product=softether
(ダウンロードしたものはこれです)
softether-vpnclient-v2.00-9387-rtm-2013.09.16-linux-x86-32bit.tar.gz
私の場合はWindowsでダウンロードしてFilezillaでLinuxへ転送します。
転送先は /opt に送ります。
ファイルは圧縮されているので解凍します
# cd /opt
# tar xzvf softether-vpnclient-v2.00-9387-rtm-2013.09.16-linux-x86-32bit.tar.gz
これでvpnclientフォルダが作成され展開します。
 
次にvpnclientフォルダから構築実行します
# cd /opt/vpnclient
# make
と実行すると構築が始まりますが、最初後半でエラーが出て止まりました
内容を確認するとgccコマンドが見つかりませんでしたって書いてあるので
# apt-get install gcc で入れてみます。
それでまたmake実行したら今度はすんなり構築が終わりました。
(vpnclientを起動)
# ./vpnclient start
(vpncmd で設定をしていく)
# ./vpncmd
ココはclient管理の2を選ぶ
接続先を入力では localhost を入力します
VPN Client "localhost" に接続しましたと出ればOKです。
表示が以下のようになります
VPN Client>
(仮想 NIC の追加)
VPN Client>NicCreate
NicCreate コマンド - 新規仮想 LAN カードの作成
仮想 LAN カードの名前: 000
ここまで構築用意が出来ればこの後は接続設定になります。
次回は接続設定を作ります。

« Linuxでファイルを圧縮・展開するには | トップページ | Mintの画面をリモートで操作する為にVNCを入れてみる »

softether関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49350/58780617

この記事へのトラックバック一覧です: ubuntu12.4ServerにSoftetherClientを構築してみた:

« Linuxでファイルを圧縮・展開するには | トップページ | Mintの画面をリモートで操作する為にVNCを入れてみる »